本土手(ほんどて)

  常盤池には、2ヶ所の堰き止めた土手(堤)があるが、メインの
 土手を「本土手」と言っている。ここ本土手の荒手(超流堤)の
 溝は、築堤当時の姿を残している。余剰の水は悪水溝(塚穴川)
 の支流に流れ落ちていた。(現在は女夫岩池に流れ落ちている)
 また、本土手に道ができる前までの旧道には「常盤堤東荒手石橋」
 も現存している。(昭和30年頃まで近道として使われていた)

     
              
 井沢(いざわ)

 小さく、浅い湿地があった所にこの地名がある。井沢は高低差が
 あり、国道190号線を越えた海岸側は低地で池や田んぼもあっ
 たと言われており、湿地もあったと考えられる。

 鍋嶋(島)(なべしま)

 「鍋嶋は防長の境にして干汐の時は往来自由なり」と風土記にあり
 小郡宰判の管轄であった。古い地図にも描かれており、舟が航行す
 るときの目標の島でもあった。鍋島は山口宇部空港の滑走路の延長
 で平成11年12月で姿を消した。

   
 常盤海岸から鍋島
干潮時は島への往来ができた
滑走路延長工事最後の姿
全面改修された本土手
荒手溝と東荒手石橋
本土手の基礎石積

常盤校区の地名由来 E