沖の山電車竪坑櫓からの眺め
昭和40年(1965年)撮影
貯炭場

第一坑(沖ノ山炭鉱)は、明治30年に匿名組合組織で
発足し、昭和17年にセメント、鉄工所、窒素など
と合併して宇部興産(株)を設立した。
第二坑(東見初炭鉱)は、明治41年に匿名組合組織で
発足し、昭和19年に宇部興産に合併した。
昭和27年に鉱区を統合し宇部鉱業所として発足。
昭和42年10月に閉山した。
この間に選炭した不用の硬(砂岩)は埋め立てに、
残りの硬(頁岩)はセメントの原料として使用した。

宇部セメント工場と厚生町社宅
 宇部港方面
人車竪坑櫓
沖ノ山新坑中心部(斜坑口)
選炭場・百間角(本抗)方面
五段竪坑櫓